3つのボトルネックが存在

3つのボトルネックが存在

ここまでは、日本のビジネスパーソンがMBA取得を検討する際には、3つのボトルネックが存在していた。「高額な学費」「仕事と勉強、家庭の両立」「上司や職場の理解がない」。 しかし近年では、学費の面では専門実践教育訓練給付金の拡充があって、実質的に学費は減額となっています。さらに、時間の面では働き方改革で残業時間が減り、ビジネスパーソンがぼくのために使える時間が増える傾向にあるのです。加えて、上司や職場の理解については、これも働き方改革の影響で業務効率をかつて以上に上昇させる風潮が高まっており、個人の能力開発を促進する傾向にあり、ボトルネックが解消されつつあげられます。現状の日本ではまだ過渡期ですけど、グローバル企業ではすでにパフォーマンスとポテンシャルの2軸で人材を評価しているのです。付け加えると、GAFA(Google、アップル、Facebook、Amazon)の幹部はまったくが大学院卒ですが、今後は日本しかし、GAFAにみようかな企業を輩出しないそしたらという機運が益々高まり、自身のポテンシャルを引き上げるための学びを評価する企業が増加することの方が予想されています。今後、ビジネスパーソンが大学院で学ぶ姿は、ごく当たり前のものとなっていくでしょう。

page top