日本語で授業が行われています

日本語で授業が行われています

国内MBAの多くは日本語で授業が行われています(一部のビジネススクールでは英語での授業も提供しています)。海外ビジネススクールは主に英語での授業となってくるのですけど、海外MBAで2年間、ディスカッションの経験をつめば英語でのコミュニケーション力は相当磨かれるのでしょう。経営スキルと英語力の両方を研鑽する場としまして、海外のビジネススクールを活用するという思い方もあるのです。一方で、国内MBAの場合は、母国語でテキストやケースを読み、議論出来るため理解が進みやすく、効率的にマネジメント能力の獲得が可能となるメリットがあげられます。さらに、すべての日本人とりましては、母国語のほうが言語表現は豊かになり、深みのある議論が出来るため、考える力を鍛えやすといったメリットもあげられます。海外MBAでは、様々な国からの留学生を受け入れているビジネススクールが多く、グローバルに人脈を広げることが可能であって同時に異文化コミュニケーション力を身につけることができます。グローバリゼーションが進む社会におきましてはこれのスキルは重要でしょう。一方、国内MBAでも異業種のビジネスパーソンと共に学ぶことで、新たな人脈を築いていってしまうことができる。

page top